根管治療

重度の虫歯には根管治療が必要です

虫歯の治療では、歯質を削る治療を行うことになります。さらに、歯髄(しずい)まで達してしまった重度の虫歯の場合、歯の根の中を治療する根管治療(こんかんちりょう)を行う必要があります。あざみ野、たまプラーザ駅からアクセスできる、横浜市青葉区の歯医者「あざみ野フォレスト歯科」では、再治療が必要とならないよう精密な根管治療を行っています。

根管治療とは?

根管治療とは、歯の内部にある血管や神経の通り道「歯髄」を取り除く処置で、一般に「歯の神経を取る治療」と呼ばれることもあります。この技術が登場したことで、これまで抜歯せざるをえなかった重度の虫歯でも、天然の歯の根を残すことが可能になりました。

根管治療の流れ
STEP1.汚染部の除去 STEP2.深さの計測 STEP3.消毒
STEP1.汚染部の除去 STEP2.深さの計測 STEP3.消毒
STEP4.薬剤の注入・密封 STEP5.土台作り(仮歯装着) STEP6.被せ物の装着
STEP4.薬剤の注入・密封 STEP5.土台作り(仮歯装着) STEP6.被せ物の装着

根管治療を途中でやめないでください

根管治療を途中でやめないでください

根管治療は、治療の精密さが求められ、それを確認しながら行う必要があることから、何度も患者さまに通院していただく必要があります。痛みが取れると(神経が取り除かれると)、通院が面倒になってしまう患者さまも中にはいらっしゃいます。また、仮歯の段階で見た目や咬む機能も一時的に回復するため、通院をやめてしまわれる方もいらっしゃるようです。

しかし、途中で治療を中断してしまうと、歯の内部で虫歯が再発したり、膿がたまったり炎症を起こしたりして、折角治療できた歯をみすみす失ってしまうことすらあります。また、再治療時には時間も手間もかかり、患者さまの時間的・身体的負担も大きくなってしまいます。治療には多少時間がかかりますが、根気強く最後まできちんと受診するようにしましょう。

拡大鏡とラバーダムを使用した確かな治療

拡大鏡とラバーダムを使用した確かな治療

根管治療では、暗くて深い歯の内部を処置します。そのため精密な治療技術や十分な設備、清潔な治療環境が求められます。根管治療が成功しなかった場合は、再治療が必要となり、その回数を重ねる毎に成功率が低くなってしまうため、一回目の治療で成功させることが非常に重要となります。

当院では「拡大鏡」を使い、患部を肉眼で見える何倍にも拡大して、丁寧で精密な治療を行います。また、必要に応じて衛生的な治療環境を作り出すために、患部と周辺のみ露出させ、他を覆ってしまう薄いゴムシート「ラバーダム」を使用。患部を見やすくしながら、治療時の患部が衛生的に保たれ、より成功率の高い処置が行えます。

歯に優しく柔軟性があるニッケルチタンファイル

歯に優しく柔軟性があるニッケルチタンファイル

根管治療時、汚染された歯の神経除去に使用します。
多くの歯科医院ではステンレスファイルを使用していますが、当院はニッケルチタンファイルも使用しています。根管は細く、複雑な構造のため、汚染を完全に除去することが難しいといわれています。
根管内は必ずしもまっすぐとは限りませんので、ステンレスファイルよりもしなやかで柔軟性があるニッケルチタンファイルを使用することにより、細くて複雑な形状の根管を高い精度で処置を行うことができます。

トップへ戻る