歯周病治療

誰もが身近に感じてほしいお口の病気「歯周病」

あざみ野、たまプラーザ駅からアクセスできる、横浜市青葉区の歯医者「あざみ野フォレスト歯科」では、「care&cure」を診療コンセプトに掲げています。まずは、お口のトラブルの予防を重視し、必要なときにはしっかりと精密な治療をご提供します。虫歯と並び成人なら誰もがかかっている可能性があるお口の病気が歯周病です。歯周病も早期発見・早期治療が非常に重要になります。歯ぐきに違和感を覚えたらお早めにご相談ください。

歯周病は自覚症状がないまま進行します

歯周病は自覚症状がないまま進行します

かつては歯槽膿漏(しそうのうろう)と呼ばれていたお口の感染症「歯周病」。現在は初期の歯肉炎から重度の歯槽膿漏までを総称して歯周病と呼ばれています。歯に付着するプラーク(歯垢)に潜む歯周病菌が、歯ぐきに炎症を起こしたり顎の骨を溶かしたりする物質を出すことで起こる病気です。

歯周病は重症化するまで、ほとんど自覚症状がないため、気がついたときにはかなり進行している可能性があります。また、近年の調査によると日本人が歯を失う原因の第一位は「歯周病」であり、また、成人の約8割が歯周病予備軍であるという結果があります。歯周病は決して他人ごとではないのです。進行する前に早めに当院を受診してください。

30秒でわかるカンタン歯周病チェック!
0点 健康なお口です
今のところ歯周病の症状はありません。予防につとめ、健康なお口の状態を維持しましょう。
1~4点 軽度歯周病(歯周炎)です
歯周病の初期症状が出ています。軽視することなく早めの治療と予防でお口の健康をコントロールしましょう。
5~10点 中等度歯周病です
このままでは歯を失ってしまう可能性があります。今すぐ当院を受診ください。適切な治療で重度であっても歯を失わずにすむかもしれません。
10点以上 重度歯周病です
重度の歯周病の疑いが濃厚です。それ以上悪化すると歯が抜け落ちてしまうケースもあるので、早急に治療を受けましょう。当院では最善の治療をご提案させていただきます。
歯ブラシ指導

歯ブラシ指導

全ての歯周病治療に歯ブラシによるセルフケアはかかせません。
自身で正確に歯ブラシが出来るようになる事が重要です。
当院では歯ブラシ指導にも力を入れています。

歯周病の症状と治療

軽度歯周病(歯肉炎)

軽度歯周病(歯肉炎)

歯ぐきに炎症が起こっている状態です。ブラッシング時に出血があります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)がやや深くなっており、プラーク(バイオフィルム)の付着が気になります。痛みなど自覚症状はありません。

治療法~スケーリング~

治療法~スケーリング~

スケーラーという器具を用いて、歯周病の原因となる歯垢や歯石を取り除きます。痛くない様に丁寧な処置を心掛けています。

中等度歯周病

中等度歯周病

歯ぐきの腫れがひどくなり、出血が見られます。歯を支える顎の骨(歯槽骨=しそうこつ)が吸収されはじめており、歯がグラついたり浮いたりするような感覚があります。口臭もひどくなっています。

治療法~SRP~
  • 治療法~SRP~
  • 治療法~SRP~

お口の中から歯周病菌を取り除く治療です。プラークやプラークの死骸である歯石を、スケーラーという器具ですみずみまで取り除きます。最後にルートプレーニングで歯の表面を滑らかにしてプラークの再付着を予防します。

重度歯周病

重度歯周病

歯槽骨が半分以上溶かされており、歯が大きくグラつき始めます。膿が出たり出血があったりして、口臭もひどくなっています。放置すると歯が抜け落ちてしまいます。
実際の症状によっては、重度歯周病の処置を行っても、完治が難しい場合は抜歯になる可能性もあります。

治療法~フラップ手術~

治療法~フラップ手術~

患部に局所麻酔をし、歯ぐきを切開する外科手術です。歯根面を露出させて、歯周ポケット内部にこびりついたプラークや歯石、さらに感染している歯周組織を取り除きます。最後に歯ぐきを縫合します。

治療法~エムドゲイン法~

治療法~エムドゲイン法~

患部の汚染された歯周組織を取り除いたあと、組織を再生する治療法です。再生したい骨の部分にエムドゲインゲルという薬剤を入れ、再生が早い歯肉の侵入を防ぎながら再生を促す保険外の自費診療となります。

トップへ戻る