入れ歯治療

お口に合った入れ歯で快適な生活を

あざみ野、たまプラーザ駅からアクセスできる、横浜市青葉区の歯科医院「あざみ野フォレスト歯科」は、地域の皆さまのかかりつけ医として、小さなお子さまから高齢の方までご家族で通っていただける歯科医院を目指しています。当院では、歯を失ったときの補綴(ほてつ)治療として、インプラント治療と入れ歯治療に対応しています。外科的手術を伴い保険が適用されないインプラント以外の治療法をご希望の方には、入れ歯治療をご提案しています。

どのような治療シーンでも精密な治療を心がけている当院では、お口にぴったりと合った入れ歯作りを行っています。現在お使いの入れ歯が合わなくなって困っている方、もっと自分に合った入れ歯を手に入れたいという方はお気軽にご相談ください。他院でお作りになった入れ歯の修理や調整も承っております。

ガマンして合わない入れ歯を使い続けないでください

ガマンして合わない入れ歯を使い続けないでください

「入れ歯を使っていると痛い」「よく咬めない」「外れやすくて使いにくい」……このようなお悩みがあるなら、すぐに当院へご相談ください。お口は日々変化を繰り返している身体の一部です、人工物である入れ歯は次第に合わなくなってくることがあります。合わない入れ歯を使い続けることは、ストレスになるばかりか、お口に負担となってしまいます。入れ歯もお口と同様に定期的なチェックと調整、必要に応じて修理しながら使い続けましょう。

当院では、入れ歯をお作りする際にも、すぐに型を取って急いで作るようなことはありません。まずは事前に咬み合わせの具合や、残っている歯の本数などお口の状況をしっかり診査し、的確な治療計画を立てて患者さまにご提案いたします。また、ご希望があれば、インプラントやブリッジといった治療法をご提案することも可能です。

他の補綴(ほてつ)治療との比較
入れ歯 ブリッジ インプラント
入れ歯 ブリッジ インプラント
取り外しできる人工歯を作る治療法です。歴史がもっとも長くあらゆる症例に対応しています。 失った歯の両隣の歯を削り、連結した歯を、残った歯に橋をかけるように装着します。 歯を失った部分の顎の骨に、人工歯根(インプラント)を埋め込む治療法です。人工歯根・連結部・人工歯で構成されます。
メリット
  • ・健康保険が適用され安価
  • ・治療期間は比較的短い
  • ・多くの症例に適応する
  • ・歯に固定されるため、違和感が少ない
  • ・健康保険が適用されるケースもある
  • ・見た目に天然歯と見分けがつかないほど自然
  • ・硬いものもしっかり咬める
  • ・周りの歯への負担がない
  • ・金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • ・見た目で入れ歯とわかる
  • ・慣れるまで違和感あり
  • ・部分入れ歯は周囲の歯に負担となる
  • ・毎日のお手入れが必要
  • ・定期的な歯科医院での調整が必要
  • ・健康な歯を大きく削ることになる
  • ・支えとする歯に負担がかかり、将来的に失ってしまうことがある
  • ・健康保険が適用されないため、治療費が高額になる
  • ・外科手術が必要で、持病によっては適用できないことがある

あざみ野フォレスト歯科の取り扱い入れ歯

当院では、保険適用で作る入れ歯はもちろん、自費で作る入れ歯にも対応しています。ご希望があれば、自費の高品質な入れ歯のご提案も可能ですので。お気軽にご相談ください。

レジン床(保険適用)

レジン床(保険適用)

歯が並ぶ床(しょう)の部分が、歯科用プラスチック(レジン)でできている入れ歯です。保険適用で安価ですが、壊れやすい側面があります。反面、修理や調整がしやすいというメリットもあります。床が厚くなってしまうため、使用感は他の自費の入れ歯と比べると劣ります。

ノンクラスプデンチャー(自費診療)

ノンクラスプデンチャー(自費診療)

保険の部分入れ歯には金属バネ(クラスプ)で歯にひっかけますが、ノンクラスプデンチャーは、やわらかい特殊な樹脂の吸着で歯ぐきに入れ歯を吸着させる部分入れ歯です。使用感も快適で、見た目に入れ歯とわかりにくいというメリットがあります。素材の特性から温度変化に弱い傾向がありますので注意が必要です。

金属床(自費診療)

金属床(自費診療)

レジン床の欠点である床が厚くなるのを解消した入れ歯です。金属を薄く伸ばして床にすることで強度が維持できます。熱伝導性が高いため食べ物の温度を感じながら食事を楽しめます。丈夫で長持ちですが、修理がしにくいというデメリットがあります。

入れ歯のお手入れポイント

入れ歯のお手入れポイント

入れ歯は毎日取り外してお手入れしましょう。汚れたままお使いになると、不衛生で感染症の原因となってしまいます。お手入れポイントとしては次の3つがあります。

入れ歯のお手入れポイント入れ歯のお手入れポイント

トップへ戻る