痛くない虫歯治療

虫歯かな?と思ったらお早めにご相談ください

あざみ野、たまプラーザ駅からアクセスできる、横浜市青葉区の歯医者「あざみ野フォレスト歯科」では、診療コンセプトとしてcare&cureを掲げ、虫歯を未然に防ぐ「予防」に力を入れています。また、当院では、治療時に感じる痛みを軽減する「なるべく痛みを感じさせない治療」を心がけています。歯に気になる症状がある方は、いつでもお気軽にご相談ください。

虫歯の症状があるなら早めの受診を

虫歯の症状があるなら早めの受診を

虫歯は歯に「痛い」「しみる」といった症状が出るお口の病気です。しかし、これらの自覚症状があるときには、すでに虫歯はかなり進行している可能性があります。初期の虫歯はほとんど自覚症状がないばかりか、進行すると自然に治癒することがなく、悪化の一途をたどるのみなのです。また進行すると治療も大がかりになり、痛みを伴う処置が必要となることがしばしばあります。痛みや身体へのダメージを軽減するためにも、もし、痛みやしみる症状があるなら、お早めに当院へご相談ください。

虫歯の進行と治療
進行段階 症状 治療法

CO(ごく初期の虫歯)

CO(ごく初期の虫歯)

歯の表面が虫歯菌の出す「酸」で溶かされる「脱灰(だっかい)」が起こっています。表面が白く濁って見えます。痛みやしみるといった自覚症状はまだありません。 丁寧なブラッシングとフッ素塗布を続けて「再石灰化」を促せば、歯を削らずに治ることがあります。

C1(エナメル質の虫歯)

C1(エナメル質の虫歯)

歯の表面のエナメル質が溶かされ、黒ずんで見えます。ここでもまだ痛みなどの自覚症状はありません。 虫歯になっている歯質を削る処置を行い、削った部分に歯科用プラスチック(レジン)や金属を埋めて補います。健全な歯質に影響があると判断した場合に経過観察を行うこともあります。

C2(象牙質の虫歯)

C2(象牙質の虫歯)

エナメル質より下の象牙質まで虫歯に侵されています。このころから冷たいものや熱いものを口にすると、歯がしみたり痛みを覚えたりと自覚症状が出始めます。 虫歯に侵されている部分を削り取ります。削る量が大きくなるため、詰め物でしっかりと補います。

C3(歯髄の虫歯)

C3(歯髄の虫歯)

歯の内部を通る血管や神経の集まりである「歯髄(しずい)」まで虫歯が達しています。何もしていなくてもズキズキとした痛みを感じるようになります。 虫歯に汚染された歯髄や歯質をきれいに取り除き、薬剤を詰める「根管治療(こんかんちりょう)」を行います。治療後は被せ物を取り付けます。

C4(歯根の虫歯)

C4(歯根の虫歯)

歯ぐきより上に見える歯質(歯冠部)のほとんどが溶かされ、歯の根っこまで虫歯が進行している状態です。神経がすでに死んでいるため痛みを感じることはありません。放置すると膿が根にたまり、再度激しい痛みが生じます。 ここまで虫歯が進行していると、根管治療が行えず、抜歯せざるを得ません。その場合は、インプラント入れ歯といった補綴(ほてつ)治療で失った歯を補います。

痛くない虫歯治療への取り組み

痛くない虫歯治療への取り組み

あざみ野フォレスト歯科では、痛みをできるだけ感じさせない「無痛治療」へのさまざまな取り組みを行っています。治療時の代表的な痛みといえば麻酔注射を行うときのものです。当院の無痛治療では、極細の注射針を使用するので「チクッ」とした痛みを感じません。

また、麻酔液はコンピュータ制御の電動麻酔器によって注入スピードをコントロールできるので、薬液が注入される際の違和感・気持ち悪さを軽減することができます。

この他にも患者さまがリラックスして治療を受けられる環境づくりや、お子さまの場合は恐怖心につながらないよう注射器を見せないといったきめ細やかな配慮を怠りません。歯科治療や痛みに対して恐怖心を抱いていたり、不安があったりする方は、適切な配慮をいたしますのでお気軽にご相談ください。

トップへ戻る