子どもを虫歯にさせないために

大切な子どもの歯を虫歯から守る

あざみ野、たまプラーザ駅からアクセスできる、横浜市青葉区の歯医者「あざみ野フォレスト歯科」では、子どもから高齢の方まで安心して通える歯科医院を目指しています。特に、虫歯にかかりやすい小さなお子さまに対してはケアを徹底。小児歯科では小さなお子さまの虫歯予防や治療を行っています。ここでは、大切な子どもの歯を虫歯から守るために、保護者の方に知っておいてほしいポイントをご紹介します。

乳歯は虫歯になりやすいので注意しましょう

乳歯は虫歯になりやすいので注意しましょう

子どもの生えたての乳歯や永久歯は虫歯になりやすく、歯質が柔らかいために進行が早いということをご存知ですか? 乳歯が虫歯になると、永久歯も虫歯になる確率が10倍にもなるという調査結果もあります。「いずれ生え変わるから乳歯の虫歯は放っておいていい」という考えは大きな間違いです。永久歯の生え変わり時期に虫歯があると、歯並びが乱れるなどさまざまなリスクがあります。

小さな子どもは自分で歯を守れません

乳歯が生え始めるのは、生後半年くらいからです。乳歯は生え始めたそのときから虫歯になるリスクを抱えています。しかし、子どもが自分でしっかりブラッシングやデンタルケアができるようになるのは、小学校高学年くらいからです。それまでお子さまの歯の健康を守るうえで要となるのが、お父さん・お母さんをはじめとするご家族のケア。生活習慣や仕上げみがきなどを通して、お子さまの歯が健康に成長できるよう見守ってあげることが大切です。

虫歯にさせない日常習慣

虫歯にさせない日常習慣

虫歯になりにくい生活習慣を身につけさせてあげることは、お子さまの将来へのプレゼントとなります。ぜひ、虫歯予防のコツを知って子どもの歯を守ってあげましょう。

虫歯予防につながる気をつけるべきポイント
ポイントその1:甘いものは控えめに

虫歯菌は、お口の中に残った糖分から歯を溶かす酸を生み出します。この酸によって歯質が溶かされていくお口の病気のことを虫歯と呼びます。虫歯になりにくい歯をキープするためには、お口の中に糖分が残らないことが肝心。甘いものを控えめにした食事やおやつを心がけましょう。糖分不使用(シュガーレス)のお菓子などもありますので、活用するのもおすすめです。

ポイントその2:食事やおやつは時間を決めて

小さいうちは一度の食事が少なめですから、栄養補給のためにもおやつの時間は大切です。しかし、常にお口の中に何か食べ物が入っていることは、虫歯菌の栄養源となる糖分がいつもお口にあるということでもあります。だらだらと食べるのではなく、食事やおやつは時間を決めて、口になるべく糖分が残らない状態も作ってあげましょう。

ポイントその3:食後にはお口をさっぱりと

食後30分ほどすると虫歯菌が活発に動き出します。そのときにお口の中に糖分が残っていないよう、何か食べた後にはブラッシングでお口の中から食べカスを取り除く生活習慣を身につけましょう。お出かけ時などのブラッシングができない場合は、うがいでお口の中をさっぱりさせるだけでも効果があります。

お母さん・お父さんの仕上げみがきが重要です

お母さん・お父さんの仕上げみがきが重要です

小さいうちは自分でブラッシングすることができません。しばらくの間は、お母さん・お父さんが仕上げみがきをしてあげながら、お子さまの歯の成長を見守ってあげてください。仕上げみがきが苦手だという声もお聞きしますが、次のコツに気をつけてみると上手にできるようになります。ぜひやってみてください。

子ども用デンタルグッズで楽しみながら

歯ブラシによるブラッシングを基本に、デンタルフロスなどを使って歯と歯の間の汚れもしっかり取ってあげましょう。子ども用のデンタルグッズも充実していますから、デンタルケアに興味を持ってもらえる工夫をするのもいいですね。

歯は1本ずつみがくつもりで

歯の形を上下左右から確認しながら、1本ずつ丁寧にみがいてあげましょう。歯1本に対して5往復程度が目安です。子どもに話しかけたり、うたを歌ったりしながら楽しいブラッシングタイムができるといいですね。

毛先を歯に垂直に当てます

汚れを取り除くことができるのは、歯ブラシの毛先部分です。この毛先を歯の表面や隙間に垂直に当てるようにブラッシングすると、汚れが取りやすくなります。

虫歯に感染するのは家族から……「家族内感染について」

虫歯に感染するのは家族から……「家族内感染について」

生後すぐの赤ちゃんのお口には、虫歯菌が存在しないことをご存知ですか? 虫歯は感染症ですので、そのままのお口を維持できれば虫歯にはならないはずです。しかし、多くの人が虫歯になってしまうのは、成長過程で虫歯菌に感染してしまうから。そのほとんどの場合がご家族からの家庭内感染です。

赤ちゃんと触れ合うときには、唾液を介して虫歯菌がうつらないよう、食器を分けるなどの工夫をしてみるといいでしょう。しかし、家庭内感染は完全に防ぐことはとても難しいものです。感染源となりうる周囲のご家族が、予防歯科の処置でお口の中から虫歯菌を減らしておくこともひとつの方法です。

トップへ戻る