フッ素濃度1450ppmの歯磨き剤

フッ素濃度1450ppmの歯磨き剤

  あざみ野、たまプラーザ近郊の歯医者、あざみ野フォレスト歯科院長の石山です。

  平成29年3月17日に厚生労働省はこれまで1000ppmに規定していた歯磨き剤に含有するフッ化物濃度を1500ppmに引き上げたと発表しました。実際フッ化物配合濃度が高くなることによって虫歯のリスクが低下するということは明らかなのですか、今回の高濃度のフッ化物配合歯磨き剤の使用の注意として、「6歳未満の子どもへの使用は控える」という点があります。したがって、大人向けの歯磨き剤といえるでしょう。

  歯医者として、患者さんに歯ブラシや歯磨き剤を勧める機会が多いのですが、今回の改定によって高濃度フッ化物配合歯磨き剤のガイドラインが厚生労働省や各学会から出されることが重要かと思います。

  当院では間もなく高濃度のフッ化物配合歯磨き剤の販売を開始する予定です。

 


 

 

 

医院コラム

トップへ戻る