骨粗鬆症と歯科治療

骨粗鬆症と歯科治療

  あざみ野、たまプラーザ近郊の歯医者、あざみ野フォレスト歯科院長の石山です。

  骨密度が低下し、骨がもろくなり、骨折しやすくなる疾患を骨粗鬆症といいます。骨粗鬆症の治療薬の代表的なものにビスフォスフォネート製剤(以下BP製剤)というものがあります。これを服用中に抜歯などの外科的処置を避けるようにと国や各学会などでは言われています。

  BP製剤は古くなった骨を壊す「破骨細胞」の活動を抑え、骨粗鬆症やがんの骨転移を防ぐのに高い効果があるとものです。しかし、一方で、服用中の方が抜歯やインプラントを入れる手術をすると、顎の骨の壊死や骨髄炎を起こすことがまれにある。また、歯周病などの口腔内感染症があるとリスクが高まることもわかっています。

  骨粗鬆症の方は必ず服用中の薬についてお伝えいただくようお願い致します。

 

医院コラム

トップへ戻る