保険内治療で行うことができる白い被せ物(冠)

保険内治療で行うことができる白い被せ物(冠)

  あざみ野、たまプラーザ近郊の歯医者、あざみ野フォレスト歯科院長の石山です。

  当院の患者さんの多くは保険診療を希望されます。保険診療の最近のトピックとして、金属を使わない被せ物(冠)の普及が挙げられます。

  当院では、小臼歯部に対して保険内の白い冠(CAD/CAM冠)を積極的に使用しています。近年まで、小臼歯の冠は金属のものがほとんどでした。CAD/CAM冠とはコンピュータが冠のデザインを決め、コンピュータによって製造される冠のことで、材質はハイブリッドセラミックスと呼ばれるものです。

  CAD/CAM冠は全ての歯科医院でできるものではなく、施設基準を満たしている必要があります。また、歯の条件(かみ合わせや歯並びなど)によってはCAD/CAM冠が適さないケースもありますので、全ての小臼歯に適応はできません。ちなみに、CAD/CAM冠は保険内で大臼歯にも可能なのですが、金属アレルギーのある方に限られます。今後の保険の診療報酬改訂(2年ごとに行われます)において前歯や大臼歯にもCAD/CAM冠が使用できるようになるであろうと言われています。

  もっとも、CAD/CAM冠よりも自費診療のオールセラミックの冠の方が審美的に優れています。より美しさを求めているのであれば、自費診療をオススメします。

医院コラム

トップへ戻る