小児歯科治療で思うこと

小児歯科治療で思うこと

 あざみ野、たまプラーザ近郊の歯医者、あざみ野フォレスト歯科院長の石山です。

 小児の歯科治療に関して私の考えを記します。小児といっても今回は6歳くらいまでのケースです。この年齢で行う歯科治療は大きく分けて

①虫歯予防(定期的なクリーニングやフッ素塗布中心)

②虫歯治療(虫歯を削って詰める治療)

③乳歯抜歯(永久歯への生え変わり時期のために行うことがあります)

と私は考えています。①や③はほとんどの子どもには処置ができると思っております。問題なのは②です。

 まず、保護者の方にはなぜ虫歯ができたのかを考えるべきだと思っています。よく「歯磨きは1日何回がよいか?」「フッ素の入った歯磨き粉を使った方がよいか?」と聞かれます。私は歯磨きよりもその子の「食生活習慣」の改善が重要だと思っています。ハッキリ言ってしまうと6歳くらいまでで虫歯ができてしまう最大の原因は「保護者」にあると私は考えています。つまり、歯磨きが1日1回だろうと4回だろうと砂糖がたくさん入った飲食物を毎日のように摂取していれば虫歯になる可能性が高いということです。

 また、多くの歯科医院のホームページの小児歯科の項目には「できるだけ痛くなく」と書いてあります(当院のホームページにも書いてあります)。あくまで「できるだけ痛くなく」であって、「全く痛くない」ということではありません。麻酔や歯を削るというところは歯科医師の技術の見せ所ですが、痛みの感じ方は個人差があります。6歳くらいまでの子どもは少しでも痛いと泣いてしまうことがほとんどです。

  私か保護者の方々にお伝えしたいことは、①保護者の方々が子どもに与える食生活習慣が虫歯ができる最大の原因です。②「できるだけ痛くなく」治療はしますが、穴ができているような虫歯は1回では終わらないことがほとんどです。その都度、麻酔したり、歯を削ったりもします。泣いて治療ができなくなっても虫歯が悪化してしまうよりも何度か通院してもらって歯科治療に慣れてもらうことが必要です。③子どもが暴れて治療が困難あるいは危険なことがあります。その場合、その日は治療は行わないつもりです。子どもを抑えつけての治療は私はあまり好みませんが、保護者の方が希望すれば治療はします。④グズグズしている子どもの治療はその日はしないつもりです。ハッキリ言ってと時間の無駄だと思っています。その場合、日を改めて治療を行います。⑤「治療に何回かかるか?」とよく聞かれますが、上記のようなことがあるとはっきりとした回数は申し上げられませんので、ご了承ください。⑥あまりにも治療困難なケースでは、小児歯科専門医をご紹介致します。

 現在、歯科業界は審美や精密治療にスポットが当たっています。小児歯科という分野が脚光を浴びることはあまりないですが、私の小児歯科に対する考え方を書きました。賛否があるかと思いますが、どうぞご協力のほどよろしくお願い致します。

医院コラム

トップへ戻る