保険診療と自費診療

保険診療と自費診療

  あざみ野、たまプラーザ近郊の歯医者、あざみ野フォレスト歯科院長の石山です。

  開院してから「他院で治療中で、治療にあたって車が買えるくらいの高額な費用がかかると言われて不信感を抱いたのでこちらを受診しました。」という患者さんが何人かいらっしゃいました。つまり、保険診療と自費診療についての選択肢を与えず、一方的に自費診療を勧めらめたと考えられます。

  日本の医療保険制度では、多くの歯科診療に健康保険が適用されており、治療にかかる費用の一部の負担額(保険証によって0割〜3割がほとんどかと思われます。)で治療を受けることができます。

  しかし、歯科における保険診療は、「ものを食べるために歯が機能する」ということが適用の中心です。それゆえ、保険診療には、診療内容や使用する材料などに制限があり、限界があります。歯科医療は日進月歩を続けており、より健康で豊かな気持ちで過ごすための治療技術や様々な材料が開発され、美しさ・耐久性・安全性に優れた治療を提供することが可能になってきました。ただし、それらの多くが健康保険が適用されず、全額自己負担の自費診療での治療です。

  自費診療に該当する治療は大きく分類すると、インプラント、矯正、審美治療(セラミックなどを使った詰め物や被せ物、ホワイトニングなど)といったところです。

  歯科に対する価値観は個人によって異なるもので、当院では自費診療を無理には勧めません。上記に歯科診療の選択のポイントを示しております。ご参考ください。

医院コラム

トップへ戻る