キレイなお水を使っています。

キレイなお水を使っています。

  あざみ野、たまプラーザ近郊の歯医者、あざみ野フォレスト歯科院長の石山です。

  2015年8月27日の夕刊の読売新聞に左記のような記事が掲載されました。

  要約すると、歯科で治療を行うチェア(ユニットと呼びます)には水が流れていますが、配水されている管の中には細菌が多く存在します。これを改善するためには、残留水の使用前の数分間の排出や細菌の繁殖を防ぐような消毒液を含んだ水を使うことが重要です、という内容です。

  さらに簡潔にお伝えすると、ユニットに流れている水は汚いので、除菌水を使ったものにしましょうということです。

  当院で治療に用いる水は「ポセイドン」というシステムによってユニットの配水管内の細菌などの繁殖を抑え、治療環境を衛生的に保っています。当院のホームページにも別ページに記載されていますが、《きれいなお水の歯医者さん》で検索してみていただくと、ポセイドンの詳細があります。どうぞご覧になって下さい。

 

医院コラム

トップへ戻る