歯を失う原因No.1は?

歯を失う原因No.1は?

  あざみ野、たまプラーザ周辺からアクセス可能なあざみ野フォレスト歯科院長の石山です。

  歯を失う最大の原因は「歯周病」です。成人の約8割の人がかかっていると言われ、全世界の人が最も多く感染している病気としてギネスブックにも載っています。

  近年、日本は平均寿命が著しく延び、「人生80年」の時代に入り、80歳で自分の歯を20本以上持っている方は全体の20%くらいです。このパーセンテージも徐々に上がってきています。つまり、自分の歯が残っている人が増えてきてはいるけれども、残っている歯が歯周病というケースが多いです。上図にあるように歯周病の発症や悪化の原因はいくつかあります。

  歯医者にとって歯周病治療が簡単ではない理由には上図のような患者さん側の要因が大きいと感じています。それゆえ、80年の人生を豊かなものにするためには歯周病治療ではなく歯周病予防が重要です。当院では歯周病予防のための定期検診をオススメしています。

医院コラム

トップへ戻る