歯科衛生士の役割

歯科衛生士の役割

  あざみ野フォレスト歯科院長の石山です。新年度を迎え、この時期はいろいろな場での新1年生を見かけます。

  さて、一つの歯科医院には必ず1人の歯科医師とその他のスタッフがいます。スタッフにはそれぞれ役割があります。その中でも近年、歯科衛生士の役割の重要性が増しています。

  歯科衛生士は国家資格であり、歯科衛生士国家試験に合格して、免許を取得しています。その役割として主に3つあります。

  ①歯科予防処置

  ②歯科診療補助

  ③歯科保険指導

です。簡潔に説明しますと、歯周病予防のための歯垢や歯石除去、虫歯予防のためのフッ素塗布を行ったり、歯科医師の診療のアシストをしたり、口腔内の健康維持のための食生活、生活習慣、歯磨き指導を行います。

  歯科衛生士の数は年々増加していますが、多くの歯科医院では歯科衛生士が足りていないのが現状です。特に現在の歯科医療は「治療」→「予防」にシフトしつつあり、歯科医院にとって歯科衛生士は必要不可欠な存在といえます。そして、今後も歯科衛生士のニーズは高まっていくでしょう。当院のあるあざみ野、たまプラーザ周辺は予防志向の強い方が多く住んでいますので、歯科衛生士は重宝しております。

医院コラム

トップへ戻る