歯科医療のデジタル化

歯科医療のデジタル化

 

  あざみ野、たまプラーザ近郊の歯医者、あざみ野フォレスト歯科院長の石山です。

  近年、歯科医療のデジタル化が急速に進んでいます。数年前から3DCTがケースによっては保険算定できるようになり、その保険適用の範囲も今後さらに広がっていくでしょう。また、CAD/CAM冠(コンピュータによってデザインし、コンピュータによって製造される被せ物)の保険適用部位も今後拡大していくと思われます。

  その中でも、次世代の技術として3Dプリンターの歯科医療への適応が予測されてきています。最近の研究では、冠、ブリッジ、義歯、インプラント、歯科矯正の分野での適応が挙げられています。これにより、人件費の削減、歯科技工物の品質の向上と再製作率の低下などが期待できます。将来的には今までにない歯科医療材料を利用して3Dプリンターの技術によって歯科の新たなステージに突入すると予測されています。

  

医院コラム

トップへ戻る