第109回歯科医師国家試験

第109回歯科医師国家試験

  あざみ野、たまプラーザ近郊の歯医者、あざみ野フォレスト歯科院長の石山です。

  先日、厚生労働省から第109回歯科医師国家試験の合格発表が行われました。受験者は3103名で、合格者は1973名、合格率は63.6%でした。

  現在の歯科医師国家試験は年々厳しくなってきており、上図にあるように合格者数と合格率は徐々に減ってきています。つまり、現在、歯科医師は過剰であり、日本歯科医師会の見解によると新規の歯科医師数は毎年1500人ほどが望ましいとのことです。

  これは将来の歯科業界に大きな影響を与えるであろうことで、今後も動向を追っていきたいと考えています。

 

医院コラム

トップへ戻る