歯の喪失と認知症の関係

歯の喪失と認知症の関係

  あざみ野、たまプラーザ近郊の歯医者、あざみ野フォレスト歯科院長の石山です。

  近年、日本は高齢化が進み、超高齢社会へと至っています。これに伴い、認知症患者が増大しています。しかし、咬める歯を維持することで認知症の予防に効果があることが明らかになっています。

  上記のグラフにあるように、歯が20本以上残っている人に比べて、歯が数本で入れ歯を使わない人の認知症のリスクは1.9倍に、かかりつけ歯科医院のある人に比べて、ない人の認知症リスクは1.4倍になるとのことです。

  歯を失う原因は主に歯周病と虫歯です。歯を1本でも残して認知症を予防するために、かかりつけの歯科医院で歯のクリーニングや定期検診を受けましょう。

医院コラム

トップへ戻る