虫歯の始まりと唾液の作用

虫歯の始まりと唾液の作用

  あざみ野、たまプラーザ近郊の歯医者、あざみ野フォレスト歯科院長の石山です。

  よく患者さんに「ちゃんと歯を磨いているのにすぐに虫歯になる」と言われます。そういう方は根本的に歯の磨き方に問題があることが多く、いわゆる歯垢=プラークが取りきれていないため虫歯ができます。プラークの中にいる虫歯菌が糖を分解し、酸を作ります。この酸によって歯の表面からカルシウムやリンが溶け出します。これを脱灰(だっかい)といい、これが虫歯の始まりです。

  しかし、脱灰が起こっても唾液が重要な働きをします。唾液には酸を中和する働きや、酸によって溶かされたカルシウムやリンといった成分を元に戻す働きがあります。これを再石灰化といいます。再石灰化が追いつかないと虫歯になってしまいます。

  虫歯が起こらないようにするためのブラッシング指導は当院で行っていますので、是非受診していただければと思います。

 

医院コラム

トップへ戻る