なるべく歯を削らない治療を心がけています

なるべく歯を削らない治療を心がけています

  あざみ野、たまプラーザ近郊の歯医者、あざみ野フォレスト歯科院長の石山です。

  当院では、虫歯の状態によっては歯を削らず経過観察の期間を設けるケースがあります。つまり、虫歯が見つかったら全て削って治すということではなく、虫歯の進行具合の経過をみて削るかどうかは判断しましょうということです。

  経過観察の期間はおよそ3カ月としています。歯の状態によっては期間が短くなったり、長くなったりします。当然ですが、ある程度深い虫歯は削って治療する必要があります。

  

医院コラム

トップへ戻る