虫歯治療の前に…

虫歯治療の前に…

 

  あざみ野、たまプラーザ近郊の歯医者、あざみ野フォレスト歯科院長の石山です。

  当院では、治療後の「永続性」を重要視しています。すなわち、治療した箇所をできるだけ長持ちさせるということです。そのためには写真のような治療の流れにする必要があります。つまり、虫歯治療(詰め物したり、被せ物したり、義歯を作ったり、といったことです。)をする前に歯周病治療をしましょう、そして、虫歯治療後には定期的なメンテナンスをしていきましょうということです。

  歯周病治療を先に行うことで、口腔内環境を整え、歯肉の状態を改善します。これにより、詰め物や被せ物の型取り時の精度が上がり、適合の良い詰め物や被せ物を装着できます。適合の良いものであれば、当然虫歯の再発を防ぐことができ、長持ちします。

  さらに、歯周病治療、虫歯治療が終了したら、定期的なメンテナンスへ移行します。患者さんごとに頻度は異なりますが、当院ではおおよそ1〜6カ月に1回としています。

  ただ、痛みがある場合は、まずは痛みを抑えるための治療を行い、急性症状を取り除きます。症状が落ち着いたら上記の治療の流れにしていきます。

  このような治療を行なっていくと、将来的に患者さんの来院頻度や治療費の削減につながりますので、ご理解いただければ幸いです。

医院コラム

トップへ戻る