口内炎ができたら…

口内炎ができたら…

  あざみ野、たまプラーザ近郊の歯医者、あざみ野フォレスト歯科院長の石山です。

  当院における口内炎の処置についてご説明します。まず、口内炎ができる主な原因は「歯や入れ歯が頬の粘膜や舌に当たる」、「歯磨きによって歯ぐきや頬の粘膜を傷つけた」、「誤って頬の粘膜を咬んだ」といった物理的刺激や「歯磨き不足」による口腔内衛生状態不良、さらに「病気や疲労で体力が低下している」、「ビタミンB群の不足」という身体面の不調が挙げられます。

  当院では、口内炎の症状のある患者さんに塗り薬を処方します。一般に口内炎は10日前後で治癒します。1日に2〜3回患部に薬を塗れば早めに治ります。頻繁に口内炎ができるようであれば歯科医院の受診をお勧めします。

  

医院コラム

トップへ戻る