キシリトール

キシリトール

  あざみ野、たまプラーザ近郊の歯医者、あざみ野フォレスト歯科院長の石山です。

  最近はお子さんの患者も増えてきました。昔と比べて子供の虫歯が激減してきたと以前のコラムでも書きましたが、それでも虫歯がある子供はいます。虫歯の一つの原因として、その子の食生活にあります。甘味系の飲食物を多く摂取しているとやはり虫歯になりやすいです。

  しかし、砂糖と同じ甘さで虫歯に関与しない糖類があり、それがキシリトールです。虫歯菌は砂糖を分解、発酵し、酸を作り出します。これが歯の表面を溶かし、虫歯を発生させます。これに対し、キシリトールは摂取しても酸が発生せず、その上唾液中のカルシウムと歯の表面で結びついて、歯の再石灰化を促します。キシリトールは口腔内に長く留まらないと効果が期待できないので、キシリトールガムや飴などで虫歯予防をしましょう。

医院コラム

トップへ戻る