親知らず抜歯

親知らず抜歯

  あざみ野、たまプラーザ近郊の歯医者、あざみ野フォレスト歯科院長の石山です。

  さて、写真の横向きにある歯は右下の親知らずです。これは少しだけ歯肉から顔を出している状態です。このような親知らずはこのままにしておくと様々な弊害を及ぼすため、抜歯することを勧めています。

  このようなケースでは親知らずとその手前の歯との間のところの歯磨きが難しく、汚れがたまりやすい環境となり、将来的に虫歯や歯肉の炎症を引き起こすことがほとんどです。特に手前の歯が虫歯になってしまうと親知らずが邪魔でその虫歯治療の難易度が非常に高くなります。

  私自身も左右の下の親知らずは上記の写真のように横向きに萌えていたため20歳代前半のうちに抜歯しました。現在、親知らずの手前の歯は虫歯にならずに済んでいます。

  また、このようなケースの親知らずは咀嚼にも役立っていないため、抜歯後にその代わりの歯を入れる必要はないです。

 

  親知らずの手前の歯が虫歯になり、痛みが出てきたため慌てて40〜50歳代で抜歯する場合と、手前の歯に異常がない間に20歳代で抜歯する場合。遅かれ早かれ抜歯するのであれば、早い方が良いでしょう。親知らずでお悩みの方は一度ご相談ください。

 

 

医院コラム

トップへ戻る