歯科外来診療環境体制加算を算定しています。

歯科外来診療環境体制加算を算定しています。

  あざみ野、たまプラーザ近郊の歯医者、あざみ野フォレスト歯科院長の石山です。 

  当院では、機材や環境が整い、保険診療時において「歯科外来診療環境体制加算」を算定しております。

  歯科診療においては、誤嚥などのおそれのある細小な器具、機材、材料が多用されています。また、処置にともない麻酔の使用が多く、高齢社会の進展もあり全身状態の把握や管理が必要な患者に対する診療の機会が増えてきています。さらに、偶発症のリスクを高める出血をともなう処置も多いといった特性も踏まえ患者さんにとってより安全、安心できる歯科医療の環境整備をはかるため、以下の施設基準を満たすことで「歯科外来診療環境体制加算」を算定しています。

  ①医療安全対策に関わる研修を修了した歯科医師がいる②歯科衛生士が勤務している③緊急時に初期対応可能な医療機器(AED、酸素ボンベ及び酸素マスク、血圧計、パルスオキシメーター、救急蘇生セット、口腔外バキューム)を設置している④偶発症などの緊急時に円滑な対応ができるよう別の保健医療機関(当院では、横浜総合病院)と連携できていること⑤器具を患者ごとに交換し、洗浄、滅菌を徹底している 、長くなるので、少し簡略化していますが、以上の項目をクリアしていますので、是非とも当院を受診してください。

 

 

  


 

医院コラム

トップへ戻る