知覚過敏とは…

知覚過敏とは…

  あざみ野、たまプラーザ近郊の歯医者、あざみ野フォレスト歯科院長の石山です。

  当院で最近の患者さんで多い症状として、知覚過敏が挙げられます。

  過度なブラッシング圧や咬み合わせの問題(歯ぎしりやくいしばりなど)、歯周病などによって歯肉が下がり(歯肉退縮と言います)、象牙質が露出してきます。このような状態で象牙質に刺激が加わると、歯の神経(歯髄と言います)に刺激が伝わり、しみるような痛みを伴うことがあります。これを知覚過敏と言います。

  知覚過敏はむし歯ではありませんので、麻酔をしたり歯を削るようなことはしません。当院では、まず知覚過敏用の歯磨き粉の使用をお勧めします。症状によっては露出している象牙質に薬を塗ります。これらによって症状はほぼ改善します。

  歯がしみるとお困りの方は一度当院へお越しください。

医院コラム

トップへ戻る