歯科用CT

歯科用CT

 あざみ野、たまプラーザ近郊の歯医者、 あざみ野フォレスト歯科院長の石山です。

  当院では、歯科用CTを設置しております。歯科用CTは、頭頸部に特化したX線装置で、特に口腔、歯科領域の診断に大きな力を発揮する機器で、歯科では主にインプラント治療や親知らず抜歯の術前検査において撮影されます。

  現在、インプラント治療の術前におけるCT撮影は安心、安全なインプラント治療をおこなうためには必要不可欠なことです。CTはいわゆるレントゲン画像と異なり、3次元の画像として見えるので、診断のばらつきが少なく、経験や読影能力による診断の差が少ないです。

  以前は大規模病院などにしかなかった歯科用CTですが、一般歯科医院でも導入されつつあります。より正確な診断に役立つことはもちろん経過観察などにおいてもわざわざ大規模病院へ撮影しに行く必要がなく、当院のようにCTを設置している歯科医院で全て診査、診断、治療を行うことができるということが最大のメリットと言えるでしょう。

  あざみ野やたまプラーザという土地柄もあるためか当院のCT撮影も増加してきました。親知らず抜歯においてはケースによってはCT撮影が保険算定可能です。今後、CTの需要は更に増えると思われます。

 

 

医院コラム

トップへ戻る