診療コンセプト

あざみ野フォレスト歯科の診療コンセプト

あざみ野、たまプラーザ駅からアクセスできる、横浜市青葉区の歯医者「あざみ野フォレスト歯科」では、小さなお子さまから高齢の方まで安心して通える歯科医院でありたいと願っています。そこで当院では、すべての患者さまの診療において、一貫したコンセプトを掲げ診療を行っています。ここでは、当院の3つの診療コンセプトをご紹介します。

当院の3つの診療コンセプト

care&cure~予防と治療~

care&cure~予防と治療~

当院がコンセプトとして掲げるcareは「予防」のことを指します。歯科医院はこれまで痛くなってから行く場所だと考えられてきていましたが、感染症である虫歯歯周病のメカニズムが解明されてきたことにより、歯科医院での予防の重要性がさらに注目されてきています。当院でも、ご自分の歯や歯周組織を健康に維持していただくためにも予防に力を入れた診療を行います。

また、cureには「治療」という意味があります。予防を心がけながらも、治療が必要となるケースはあります。その際、当院ではどのような治療においても、精密性を重視したハイクオリティな治療の実現を目指します。

care&cureを実現し、患者さまに安心・安全の診療をご提供するために、さまざまな取り組みを行っています。歯科先進国であるヨーロッパ基準をクリアした滅菌器や除菌水を作り出すポセイドンによる院内感染防止策、歯科用CTなど最新鋭の設備機器を導入も、この考えにもとづいた実践のひとつです。

なるべく削らない治療・なるべく痛くない治療

なるべく削らない治療・なるべく痛くない治療

当院では、できるだけ患者さまの身体にダメージを与えない治療を心がけています。わかりやすくいうと、「なるべく削らない治療」「なるべく痛みを感じさせない治療」の実現です。

虫歯治療は、どうしても虫歯に侵された歯質を削る治療を行うことになります。当院では精密な処置を常に心がけ、できるだけ健全な歯質を残し、虫歯の部分だけを必要最小限削るように心がけています。また、保険診療・自費診療を問わず、必要に応じて医療用拡大鏡を用い精密かつ丁寧な治療を行っています。

また、歯科診療における代表的な痛みといえば麻酔時の痛みです。麻酔の痛みに対しては、さまざまな工夫を施しています。さらに、極細の注射針の電動麻酔器を使用。歯ぐきに針が刺さる痛みや麻酔薬が注入されるスピードを感じる痛みを解消します。麻酔が効いてからは、ほとんど痛みを感じることはありません。

子どもが歯医者を嫌いにならないために

子どもが歯医者を嫌いにならないために

大切な歯を守るため、嫌がる子どもを押さえつけてでも治療をするドクターもいますし、それを希望される保護者の方もいらっしゃいます。しかし、幼少期の歯医者での嫌な経験は、将来にわたってその子の歯医者に対する不信感や恐怖心につながってしまいます。当院では、子どもの診療については、慎重で丁寧な対応で、できるだけ自分で診療に臨んでもらえるような環境づくりをしています。

例えば、歯科医院に慣れてもらうためにキッズスペースを充実させることも、診療・治療に対するモチベーションアップにつながればという考えからです。また、どうしても緊張してしまったり治療に抵抗感を示したりする子には、はじめのうちは対話を重視して歯ブラシだけ、説明だけといった工夫もしています。つまり、子どもが自分から治療を受けてもいいと思えるほどの信頼関係を築くことが大切だと考えているのです。

このようなコンセプトのもと、当院では、あらゆる年代の患者さまの診療にあたっています。お口のトラブルや症状、お悩みや心配事がありましたら、お気軽に当院へご相談ください。いつでも誠実に患者さまに向き合い、品質のよい歯科医療サービスをご提供してまいります。

トップへ戻る